ホワイトニングの痛みの原因

ホワイトニングで痛みが起きる原因ですが、まずホワイトニング剤が強すぎるということがあります。
多くの場合、ホワイトニング剤には過酸化水素水が使用されています。
過酸化水素水は歯を美しくするために比較的高濃度のものが用いられます。
特にトラブルがない健康な歯であれば、高濃度の過酸化水素水を使っても痛みは出ません。
しかし、歯の表面やヒビなどがあると浸透しやすくなるため沁みが起こりやすくなります。
次に施術中の熱によって痛みが出てくるケースがあります。

歯が染みる原因としては、施術中のホワイトニング機器の熱が影響する場合もあります。
オフィスホワイトニングの機械によっては、ホワイトニング後に光を照射してホワイトニング効果を上げるものがあります。
知覚過敏の方は、この熱が原因で痛みが起きる場合があります。
また、知覚過敏になるのは、象牙質ですが、この象牙質が歯ぎしりでエナメル質が削られて表出してしまうと、
ホワイトニングの際に染みることがあります。

ホワイトニングの歯磨き粉でおすすめはコチラ