グロースファクター(EGF)とは?

グロースファクター(EGF)とは、人が本来持っている肌の再生能力を引き上げているものです。
人は新陳代謝をおこなうことによって肌の再生がされます。

赤ちゃんの時は一番輝き、年齢と共に肌は衰えていきます。体内のグロースファクター(EGF)のお陰で10代の内はそれほど衰えることなく維持できています。
しかし、グロースファクター(EGF)は18~20歳で急激に減少、大人になるとグロースファクター(EGF)が減少し
肌の衰えを感じるようになります。

新陳代謝や肌の再生機能が低下していくので老化が始り、肌のしわが出てきます。

グロースファクター(EGF)の分泌量としては、20代と比べて、40代になると、おおよそ1/2まで減少します。

若い人(20歳とする)の肌の再生周期(ターンオーバー)は24~28日間、25歳を過ぎたあたりから、28日かけていたものが48日もかかるようになります。これがグロースファクター(EGF)が減少している証拠です。

あるいは、ハリや弾力が低下したり毛穴周りの凹凸が目立つようになったり、肌のキメも無くなる、フェイスラインに緩みが出るのもこういった減少によってまねかれている老化現象です。

年齢とともに減少していくグロースファクターですが、そこでEGFを取り入れていくことで肌や頭皮の再生力が高まり、人間本来の老化を遅らせてくれるようになります。

グロースファクター自体はもともと私達の体内にあるタンパク質に一種のため害はないものとされています。

よって、副作用が起きるということが少なく敏感肌の人にも、安全な成分ということがいえるでしょう。
シミ、乾燥、しわ