水を飲むことで緊張をほぐし安眠に導く催眠作用!水を飲むメリット

水に催眠作用があると言われているのは、圧迫が激しくなる胃腸の血液の流れを落ち着かせる効果があり、その働きが安眠へ導く仕組みとなっているからです。

質の良い眠りに入るためには、脳の興奮状態を抑える必要があります。興奮状態でいると脳の働きが活発になっており、眠りにつきにくい状態になってしまうのです。よって水を飲んで脳や血流を落ち着かせることで、質の良い睡眠を得ることが出来ます。
しかし注意しておきたいのは飲むタイミングです。寝る前の時間帯の2時間前には歯磨きと入浴した後は、水を飲み過ぎないようにしましょう。飲み過ぎてしまうと、腎臓が活発に動いてしまい、安眠の防げとなってしまう可能性があります。
そして飲む水も温度が冷たいものは身体を冷やしてしまうことで、体温を温めようと神経が活発に働きだしてしまうので注意しましょう。よって飲むときには、常温状態のものをコップ一杯分を補給するのが理想と言えるでしょう。