松田優作は、やっぱりカッコイイ!

故・松田優作さんは、亡くなった今でも人気のある俳優の一人ですが、なぜ、みんなを魅了しているのでしょうか?

まずは、松田優作さんのプロフィールを振り返ってみましょう。

生年月日 1949年9月21日
出身 下関市
没年 1989年11月6日
享年 40歳

人気番組「太陽にほえろ」で、ショーケンこと萩原健一演ずる「マカロニ」の後釜として抜擢された。劇中では「ジーパン」との愛称で呼ばれ、殉職シーンの「なんじゃ、こりゃー!」は、あまりにも有名なセリフであり、数多くの芸人たちにモノマネされてきました。
映画でも、角川作品の「人間の証明」を始め、「蘇える金狼」「野獣死すべし」「探偵物語」など、多くの作品を残しています。
また、TVドラマでは、「探偵物語」(映画とは違う)で一世を風靡しました。
遺作は、リドリー・スコット監督の「ブラックレイン」で、生きていればアカデミー賞も夢ではなかったとの評判であり、鬼気迫る会心の演技であった。この撮影時には既に癌に体を蝕まれており、血尿を流しながら演技を続けていたとのことです。

そんな彼の人気の一つが、長身でカッコイイと言われています。
男なら、だれでも長身に憧れるものです。

自分の子供が身長が低いと嘆いている親御さんも多いと聞ききますが、バランスのいい食事や適切なカルシウムの摂取が必要です。
ゆえに、正しい栄養管理が長身への近道と言えます。
ここに、子供成長をサポートするサプリがあるのでご紹介します。
「贅沢のびるんるん」、子供の身長を伸ばす効果が期待できるココア味の摂りやすサプリです。興味のある方はこちらからご覧ください。