抜毛は栄養バランスやストレス等、頭皮状況が悪い状態になってしまう事が要因

女性の薄毛は抜毛が原因のものがほとんどですがこの抜毛、実際には季節にも影響を受けているって知っていましたでしょうか?
女性の薄毛をももたらしている抜毛は栄養バランスやストレス等、頭皮状況が悪い状態になってしまう事が要因となって生じると考えられています。

とりわけ季節の変わる時期などは頭皮の状態が壊れてしまいがちになってしまうため影響も被りやすいのだそうです。
四季の中でも秋に抜毛がいっぱいなってしまったと言う方も多いかも知れません?これは秋と言う季節が要因になっているのじゃなく夏に起因していると考えられている様です。

どうして夏が薄毛や抜毛を招く原因になるのかと言うと、夏は日差しの強いし蒸していますから頭皮にもかなりの汗をかいてしまうのです。
そうなれば頭皮が汗をかいてしまい、頭皮の皮質が増大していきますので毛穴に汚れが詰まりやすくなってしまい頭皮にダメージを与え易くなるわけです。

日常的に清潔にシャンプーして洗髪したところで夏はやっぱり汗をかくことが多いですし、わずかなすすぎ残しでもその残ったものに含まれている汚れが蓄積していく様になり、毛穴が目詰まりしていく状態になります。
更に夏は紫外線がすごく強力な季節ですよね。紫外線を頭皮にストレートに浴びてしまうことで頭髪や頭皮に及ぶまで強くダメージを与えてしまう事になるのです。
かつ夏はエアコンが強い部屋の中にいる時間も多く、体を冷やすだけでなく頭皮も冷えてしまって血行不良を引き起こしてしまうことになるのです。
harg 水戸