薬剤師と国家試験

薬剤師になるためには国家試験に合格しなければなりません。薬学部に通っていてしっかり勉強していることで、合格はできる内容だと思います。
しかし、例年2,3割の人が不合格となってしまいます。まさか自分が落ちるとはと思う人もいるかと思います。そこで、不合格となってしまったら、どうしたら良いのでしょうか。その9割の人は予備校に通っている様です。

もし、どうしても薬剤師になりたくて、次回はなにが何でも受かりたいというのでしたら、通うことをおすすめします。
予備校で教える人は国家試験のプロですので、効率的なカリキュラム、そして情報も手に入るので問題なく合格に導いてくれます。

予備校には同じ目的で通っている人ばかりなので、やる気にもつながります。確かに、自分で勉強すると根気もなくなり、また色々な情報を得ることも難しいと言えます。

中には学生で予備校に通う人もいるくらいです。予備校は色々あるかと思います。
予備校の中では講師が出張でほとんどいないというケースもありますので、実際、足を運んで、講師の人数をチェックすることが予備校の選び方にもなります。・

薬剤師のおすすめ求人サイト