今日は、睡眠に関するお話を。

こんにちは。
健康のためには睡眠が一番、というのは誰しもが頷いてくださるところではないでしょうか。

私自身、あまり夜ふかしをした翌日の作業効率はひどいものですし、「昨夜動画を見なければ」「あそこで本を閉じていれば」と何度思ったかわかりません。
今回は、私が4時おき生活を実践できるようになった方法をご紹介します!
もっとも重要なことは、「早く寝ること」です。この一点につきます。
早く寝れば翌日早く起きれるし、早く起きればその分早く寝れます。当たり前のように聞こえますが、実際の自分を振り返ってみると、
「明日6時に起きよう」
と起床時間を早くに設定した挙句にできなかった…となることを繰り返していました。明日の自分に期待するより先に、今日、早寝早起きをしようと決意した自分を動かすことが大事なんだろうと仮説を立ててみました。
思いついたその日、10時にベッドに入ってみました。いつもより早い就寝時間、昨夜あまり寝ていなかったのも相まって、すぐに眠りへ。
するとどうでしょう。翌日、きちんと6時に目が覚めるではないですか。
体調も良好です。きちんと睡眠を取っているのですから。
まずは早く寝ることからはじめてみましょう。寝る時間にタイマーをセットしたり、知り合いに寝ろよと連絡入れるように頼んでみるのもいいでしょう。
寝る前の、朝の、意志薄弱な自分を蹴飛ばす方法を考えましょう!

イクオス 最安値