新人の育成と育毛について残念な出来事

私に勤めている会社にも、今年の新卒社員が入社し、4月からいまいる拠点に新人研修で約3週間ほど30名ほどの社員が研修に来ていました。

大多数の男性社員に交じって、女子社員が2名。二人とも外国人でした。内の一人は会社への入社内定が決まってから、週に2日程アルバイトに来ていたモンゴル国籍の女性、もう一人は中国の上海生まれの女性社員です。研修がおわり配属となり、モンゴルの女性は別の拠点へ、中国の女性は今私が勤めている拠点への配属となりました。それから約2カ月経過しや昨夜、モンゴルの女性からラインがきました。「今季入社した同期の仲間が何人か辞めてしまったらしい」との内容です。彼女は仲間からか、上司からこの事を聞いてびっくりして私に連絡してきたようです。もちろん、昨年もこのような事があり、その前の年の入社組は2名しか残っていないことを聞いていましたので、『毎年、この時期には何人か辞めてしまう。原因は仕事の内容が分かってきて、自分に向いてないとあきらめるか、厳しさに負けて脱落するかのどちらかです。云々』の返事をしたあと、何度か意見の交換をして終わりましたが、最近の若者は云々という気はまったくありません。むしろ辞めていく社員より、育てるべき会社の社風や上司、先輩たちに、新人を育てることへの情熱が欠けているのではないかと思うことです。それなら自分が言えばいいのでしょうが、今の自分は定年退職したあとのアルバイトの身分で、意見を言う資格は全く在りません。出来る事は外国からわざわざ日本の会社に就職している社員の心の支えになってあげる事くらいです。そんな応援でも力になるのか不安ですが、あきらめず支えてあげたいと思います。
ストレスなのか、最近私の抜け毛が多くて少し心配です。
兄に聞いたりして治療を考えているので、早く髪の毛が戻るといいなぁ。
東京のAGA治療なら評判の良いところに行きたい