実感が持てない身近な人の死について

私は今まで人の死というものから離れて生きてきました。現在私は30代後半ですが、幸いなことに私の身内は皆健在です。遠い親戚で亡くなった方というのはもちろんいましたが、祖父母はもちろん両親兄弟、

叔母や従兄弟などの身内のうちで私が生まれてから亡くなった方というのはいません。友人もいまだ元気に過ごしている人ばかりです。こんな風に人の死というものが身近ではないということは、やはり幸せなことでもあるとも思います。誰も病気もせず怪我もしなかったということですから。しかし、最近はいつかやってくる親しい人の死に対して強い恐怖を抱くようになりました。経験がないものに対しては恐ろしさを感じてしまうのが人間というものです。私にとってはそれが親しい人の死でもあるのです。もし、近しい存在の誰かが亡くなったら、その時私はどう感じ、どうするのだろう、そんなことを最近しばしば考えます。経験がないことなので、実感が持てず漠然としたイメージしかわいてきません。いつか必ずやってくるであろうその時が怖くて仕方ないのです。
遺品整理はいくらするのか?