子どもの個人差

人には必ず個性がある。
個性とは、ほとんどの場合で個人差と同じ意味合いで使われる。

実は個性は生まれたときからすでに持っているものもある。
例えば、髪の量。
もちろん、その後生えてくるのだが、生まれたときからフサフサの子もいるし、中には髪がほとんどない子もいる。
また、生まれたばかりはサルの子供の用に、顔がくしゃっとなっている子もいれば、顔立ちが最初から綺麗な子もいる。
そういった個性は生まれたときから持っているものもある。

しかし、中には環境に依存し、個性が出てくるものもある。
例えば、走る速さを例に出そう。
中には、生まれつき筋肉の発達がしやすかったり、からだの使い方がうまかったりする子もいるだろう。
しかし、兄弟とたくさん外で遊び、おいかけっこをしていくなかで、筋肉がついていく子もいる。
そういった場合は、環境に依存して、走るのが早くなるのだ。

個性は生まれつきのものもあれば、後からついてくるものもある。
特に、後からついてくるもののほうが多いだろう。

将来どのような子供に育つのかは、そのこの環境次第だ、ということだ。
のびのび育てる環境にあれば、のびのびとした子になるだろう。
幼いころからピアノを習う環境にあれば、ピアノが弾けるようになる。
習字を習っているのであれば、字がうまくなるだろう。

子どもは、環境によってどうそだつのかが決まる。
あなたの子供がどう育つかも、あなた次第なのだ。

良い環境、悪い環境、というのは一概に言うことはできない。
しかし、環境を整えるのはあなたであり、他のだれでもない。
その子の将来のためにも、子育てに適した環境か。この子のためになるのか。
しっかりと考えてあげてほしい。

今では、フィニッシュベイビーボックスといった子育て用の商品もある。
そういった子育て支援の商品を使いながらであれば、ある程度、親の負担も減るのではないだろうか。
是非、そういった商品をうまく使いながら、子育てをしてほしい。