シリコン塗料ってなに?

外壁塗装を依頼したリフォーム会社からシリコン塗料を勧められたけど、シリコン塗料ってどういう塗料なの?と疑問に思う方いると思います。

現在外壁塗装の最もスタンダードな塗料として多くの住宅で採用さええているのがシリコンと量ですが、実際はその特徴をあまり理解せずに塗装工事を行う方も少なくはありません。同じシリコンと量でも水性や油性、1液型、2液型と種類があって、耐用年数や施工価格に大きな違いがあります。

まず、シリコンと量の主成分である合成樹脂がシリコン系である塗料をしめします。外壁塗装で使用される塗料の中で、コストパフォーマンスが高く、現在では最も普及している定番の塗料です。見積もり依頼のときにリフォーム会社に塗料の要望を伝えない限り、シリコンと量で見積もりするほど外壁塗装ではスタンダードな塗料です。なので塗料選びに迷った時、シリコンと量を選べばまず失敗することはありません。

シリコン塗料による外壁工事を決断する前に、同じシリコンと量でも水性や油性、1液型、2液型といった塗料の性質によって施工単価や耐用年数が違ってきます。そのため、シリコンと量による外壁塗装を決断する前に使用される塗料が水性なのか油性なのか、1液型なのか2液型なのか、事前に確認しておくことが大切になります。

いえぬりとシリコン塗料