芝の薄いライからのアプローチ

芝の薄いライからのアプローチについてちょっとしたワザがあります。
芝が枯れる冬から春にかけては、ほとんどのアプローチがこうしたライからになります。

夏場でも、人のよく歩く道やべアグラウンドはそういった状態になってますよね。
こうしたライは、プロでもミスが出やすいんです。ボールの下にクラブの入る隙間があまりないため、
少しでもクラブが手前に入るとチヤックリ。それを警戒しすぎると、今度はトップしたりします。
こんなときは、クラブをきれいに入れようという考えは捨てて、フェイスのトゥ(先の部分)でボールをヒットするといいんです。
ボールは右足より右に置くくらいでOKですい。ポイントは、フェイスのヒール(根元部分)を浮かせること。
ふつうのアプローチでは、クラブのソールを芝に滑らせるようにして打ちますが、その芝がない状態ですので、
ソールはかえって邪魔になります。そこで、ヒールを浮かせることで、ソールが地面に触れないようにセットし、トゥでボールをヒットしようってわけですね。
芯で打つわけではないから、距離は思ったほど出ません(だから、いいライのときでも下りのアプローチに使えます)
ですが、こうした嫌なライからのアプローチではミスの出にくい打ち方なんです。
どちらの方法も、ある程度の練習が必要になってきますが、やってみれば思ったほどむずかしくないんですよ。
家のなかでも出来ちゃうので、是非いちど試してみて下さいね。

パターチューンナップ.xyz