スライスとスウィング論

スライスはアウトサイドインの軌道で打ち、フックを打つにはインサイドアウトの軌道で打つ。
このスウィング論は間違っていません。

ただ、混同してほしくないのは、
結果としてインサイドアウトに振れるスウィングと、インサイドアウトに振ろうとするスウィングは違うという点です。
何が違うかといえばアドレスなんですね。インサイドアウトに振ろうとして、背骨を右に傾け右肘を絞って脇をしめる構え方をする人って多いです。
飛球線に対して平行に立ったつもりでも、目のラインと肩のラインがアドレスの段階でインサイドアウト君方向に向いているんです。
この構えではインサイドにクラブを引いてアウトヘ出すスウィングになってしまいますね。
なぜプロでも昔はこういう人が居たかというと、クラブの悪さをカバーして飛ばすためだったんです。
アマチュアの人でも年配のゴルファーにこういった方は多いです。
フックを打つためにインサイドに引くと、いつもプッシュアウトと大きいひっかけフックが背中合わせになります。
僕が勧めるのはニュートラルの状態で自然に構え、体、手と腕、クラブヘッドという三者の役割蓮動量の差と時間差でインサイドアウトの軌道になるスウィングをすることです。

パターチューンナップ.xyz