ウチの旦那さんのファッション、結構好きなんです。引き算引き算で、余計なアイテムが1つもないシンプル・イズ・ザ・ベストとはあのことを言うんでしょうね。

夏はTシャツかポロシャツにジーパン、スニーカー。鞄ももたず、アクセサリーは結婚指輪のみということが多いです。
旦那さんは冬でも中は半袖です。夏の服装にダウンベストを羽織っただけ。仕事で着るスーツも1年中春夏物なんですよ。
ファーストフードでも、少し高めのお店でも、時と場所を選ばず変わらずの格好です。はじめは、えっ?と思ったけれど、慣れてくると飾らないところが私としては好きだと思えるようになってきました。

逆に私は男性の私服で、スーツのジャケットやベストをTシャツの上に着るのが苦手なんです。全然合ってない人が多いように感じますし、俺かっこいい?と言われているように思えてしまいます。
それに加えて、先がとがった革靴。これがすごく苦手です。スーツ姿しか見たことがなった男性と休日に会ったとき、この格好をされて衝撃を受けたのを今でも覚えています。

細い男性がスキニーのパンツをはくのも苦手です。並んで歩きたくなくなります、わたしよりも細くて。
男性はTシャツにジーパン、サンダルかスニーカーが1番素敵です。素敵な人は、何でもないノーブランドの洋服を着ても素敵なのです。
雑誌そのままの格好、高い物や流行り物を着るよりも、自分に似合う物を知り、着こなす男性がすきです。
大学生のうちからオシャレなものを身につけて、ファッションセンスをぜひ磨いて欲しいと思います。

大学生のメンズファッションはコチラ!→大学生 メンズファッション