話すのが苦手なので

正直、私は人前で話すことが一番苦手かもしれないです。具体的な体験としては、学生時代の時には、班やグループでの発表、委員会に入っていたら、委員会での集まりもあります。

部活動に入っていたら、自己紹介やメンバー間同士の話し合い、大学でのゼミなどたくさんの場面で人前で話さないといけない時があると思います。そういう時はいつも順番が回ってくる時に緊張したり、何を言えばいいのか分からない等の状況に陥ってしまいます。また、最近の話になると就職活動での面接などがあります。準備も万端にして行っているのに、その面接の時になると途端に頭が真っ白になったりしていました。最近、このように頭が真っ白になって何も言えないような状況にならないためにやっていることがあります。一つは、言いたい文章を1行や長くても2行で一回区切るという方法です。短くすることによって、万が一忘れてしまったとしても、一言付け加えることで、何も言えない状況を回避出来るようになりました。もう一つは、面接などで敬語でまとめようとするとどうしても忘れてしまったりするので、最初は、自分の話し言葉で練習して、徐々に敬語に直していく方法を取っています。それに、どもり症の癖もあるので、現在トレーニングをしながら改善を目指そうと思ってます。中村しょう