住宅ローンの返済方法の選び方

ローンの試算では、元金均等方式か、元利均等方式かを確認した上でシミュレーションをする必要がありますが、住宅ローンでは見逃されがちです。新しく家を買うという時には、まず住宅メーカーを選んだり、間取りを考えたり、家具や電化製品を購入することを、住宅ローンより優先しがちになります。

多くの人は、住宅ローンについて確認しても、元利均等返済と、元金均等返済のことまで思考が回りません。返済の時点になって困ったことにならないように、住宅ローンを選択する時にはよく調べることが重要です。毎月の返済のうち、元金の部分と、利息の部分を計算する時に、元金と利息の合計が同じになるようにするのが元利均等返済です。毎月返済する金額は、金利が据え置かれている限りは、毎月同じ金額を返していくことになります。同一金額の返済を継続していくと、いずれ返済は終了するという、とても把握しやすい住宅ローンの考え方ですが、元金と、利息とのバランスは、実際は違っています。

返済スタート時は利息が多いですが、元金が減っていくにつれて、利息に充当される部分が少なくなるという仕組みです。毎月元金を幾ら支払うかは今年で、利息はプラスアルファの形で足していくのが元金均等です。元金がどのくらい残っているかで利息も変動しますので、元金の返済が進み、残高が少なくなれば、利息も結果的に少なくはなっていきます。最初のころは、元金を返済しつつ、上乗せされている金利も大きくなりますが、元金が減るにつれて利息のプラス金額も減っていきます。元金返済方式で返済をすることで、返済が始まったばかりは月々の返済金額も大きいですが、返済が進めば進むほど、毎月の負担額が減るという強みがあります。
どろあわわの口コミ・効果を徹底調査【今一番熱い石鹸はコレ!】