汗のにおい対策について

汗はかくのも不快感を感じますが、その後ニオイも発して、周りにも不快感を与えるのではないかと考えなくてはいけないのも厄介です。

もし嫌なニオイを周りに発してしまった時は、逃げ場がないのも嫌ですし、そしてあの人はくさい人と認識されるのも悲しいです。ですので、ニオイで人間関係も左右されます。という事は、常日頃からきちんとニオイ対策はしておきたいですね。

汗対策には色々な選択があります。市販の制汗剤やワキ汗パッド、皮膚科へ行って治療したり手術をしたり。

手術は怖いし、お金が掛かるイメージで、制汗剤はお手頃価格で購入できるけど、根本的な解決にはまったくなりません。
実は、汗には2つの種類があり、それぞれのメカニズムを知ったうえで対策をする必要があるからなのです。

私達をコレほどまでに悩ます汗には2つの種類があります。汗の1つ目の種類は「エクリン汗線」によるもので、無色無臭のタイプの汗です。「エクリン汗線」は、主に体温を調整するための役割があり、分泌される汗の成分は、99%が水分、残りの1%には塩分・尿素・アンモニア・ミネラル・カルシウムなどが含まれています。この汗のみがでてくれるならば良いですよね。

そして、2つ目の種類は「アポクリン汗線」からの汗です。この汗は厄介です。タンパク質や脂質が含まれ、粘り気があって塩分がほとんど含まれていないため、雑菌が繁殖しやすく、その際の発酵臭で独自の臭いが、ワキガの臭いや黄色ジミを引き起こすとされているのです。

この後者の汗は、どうしようもできないので、日頃からの汗対策が必要です。
デリケートゾーン ニオイ,「アクアデオ(AQUA DUO)」