フルーツを食べて紫外線対策!

紫外線は一年中、どの様な天気でも降り注いでいるので、きちんとしたケアをしなくてはいけません。

もちろん日焼け止めクリームを塗ることも1つの手かもしれません。でも、日常生活で防止できる方法があるなら1番これが手っ取り早いかもしれません。そこで、日常の食生活から紫外線防止対策をしてみることもよいかもしれません。
フルーツで紫外線対策をしてみるのもよいかも知れません。

紫外線を浴びる率は、歩き方によっても左右されます。太陽に向かいながら、通勤、通学されている方は、正面から紫外線をうけているので、太陽に背を向けている方に比べて紫外線量が多くうけています。外出時にも太陽と自分の位置を確認しながら歩くのも1つの手かもしれません。
そしてフルーツを食べることが紫外線対策に役たつのです。

1日200グラムを目標にフルーツを摂ると紫外線に負けない内面からのケアをするのです。

 とくに、旬のフルーツはビタミンCがたっぷりです。春はイチゴ、夏はキウイフルーツ、秋は柿、冬はミカンがおすすめです。イチゴは大きいものなら8個程度、中くらいのものなら13個程度、キウイフルーツは2個程度、柿は1個程度、ミカンは2個程度です。

こんなに簡単に紫外線対策ができるならやるしかないですね。
「飲む日焼け止め」 ,P.O.L.C. [ポルク]