ピアノを運搬するのは実績の多い専門業者を利用するのが

確かに、チェーサーやクレスタはトヨタ車全体の中でも売れ行きが落ち、下位に甘んじて84いるのが現実だった。時代の流れがセダンからミニバン、スモールカーに変化する中で、トヨタとしてもセダンの戦略を変えざるを得ない状況に追い込まれたといえる。

 その一方では、国内市場の八割が 「買い換え需要」という難しい局面もあり、セダンに新たな付加価値を?けないと、客離れが進むのは目に見えている。している国内では、少子化の影響もあり新規客の増加は望めない。しかも、そこで動きのあホンダが得意とする分野得けに、㌧トヨタの焦りも大きい。
 ホンダが強いのは、不況を見越した形で一気に売価を下げ、ユーティリティーを拡充することで、顧客に 「員い得感」を与えたことだ。この手法は、シビック・ベースのステップワゴンに顕著に見られ、その後のストリーム、フィットでも使われている。逆にトヨタ車の場合、この数年で乗り心地、走りともワンランク充実したのは事実だが、必ずしも顧客が求める 「買い得感」を与えるクルマではなかったのは事実だ。