自宅での見積もりは営業の人間の担当なので

現在のトラック業界の取引チャネルは開放型であったと言える。ただ、荷主企業は委託するトラック業を絞り込み、その放り込まれたトラック業がその後、どういう形で実運送を行なうかは任せられる。

そういう意味でこれは開放型から限定的要素を入れたものへの変化と言える。ただ、今後、この縦形構造は早いピッチで限定的要素を入れてくることであろう。トラック業が戦略的なマーケテイング展開をするに従い、サカイ引越センターフォワーダー(利用運送機能者-システムの開発・演出者)とオペレ一夕ー(実運送機能者-システム活動の実行者)の役割分担が明確になり、この取引チャネル全体のコーディネート、マネジメントが高度に行なわれるようになるだろトラック業の位置づけう。

その結果、このチャネルは「水平に絞り込まれ、垂直に短縮される」ようになるだろう。荷主企業から見て直接取引を行なうトラック業は一定の条件のもとに1社あるいは少数に絞り込み、さらにその下においては段階を1段階あるいは特殊な場合に2段階へと簡素化されることとなる。