私にとってのブランド品

今はブランド品が氾濫状態のようなきがします。
長い間かけて信頼を得てきたブランドから、最近は有名人を使ってブランド化しているような物まで、ブランドと言っても幅が広すぎてなんだかよくわかりません。
以前は、ブランドと名がつけばそれだけで凄いような気がしていました。しかし最近、気持ちが変わってきています。
確かに高級ブランドとなると、素材も作る工程も全てにおいて優れている物がほとんどです。だから出来上がった商品はとても素晴らしい物ではあります。ただそこに、ブランドの名前がプラスされとても高額になっている事も事実だと思うのです。その物自体の価値と言うよりはブランドの価値の方が勝っている気がしています。
新しいブランドに関しても、同じような事が言えるのではないかと思います。
だからと言ってブランドを否定する気はまったくなく、そうゆう物を必要としている人が大勢いるといゆ事だろうと思います。
現在の私は、そうゆう物をあまり必要としなくなっています。ブランドであろうとなかろうと、その物自体の価値が重要で、自分に合っている物かどうかを見極めたいと思っています。
そうは言っても、私の財布はブランド物です。本当に見極められてるかどうかあやしいものです。

http://www.show677.com/