ドッグフードを販売するにあたって

ドッグフードとは犬用に加工された食品にあたり、水分量に応じてドライ・半生タイプに大別されます。ともに消化吸収を促すよう作られており、残飯のような消化率にムラがないのが特徴になります。近年では、高級志向によるドッグフードの商品も販売しており、ペットの単位でも貧富の差が見られる傾向にある様相を見せています。

あまり知られていませんが、実はドッグフードの販売にあたっては、ペットフード販売士と呼ばれる資格が必要になります。これは、犬猫をはじめとしたペットの健康に着目された制度で、ペットにとって適正な栄養の摂取が必要になるからです。資格の取得には、ペットフードの製造・保存法が問われるだけでなく、飼育時のしつけやペットの生理学などといった幅広い知識が求められます。なお、資格の有効期限は3年間で、以後は講習に受講することで更新される仕組みになっています。ドッグフード一つをとって見ても、実に様々な取り決めで販売されていることになります。

カナガンドックフードの評判は?