メタボ対策とは

最近は、メタボリックシンドロームという言葉自体が珍しくなくなっています。

近年では、会社での健康診断などてもメタボ検診がされるようになり、メタボのリスクはどんなもので、対策が重要であることが、知れわたってきているようです。

メタボに対しては漠然とした印象を持ってはいるけれども、詳しく言うとどんなものかがわからないという人もいます。

メタボリック症候群を短く言うとメタボです。

内臓脂肪症候群という意味合いを持つ言葉です。

高血糖、高脂血症、高血圧になりやすいことが、メタボの潜在的な危険性として指摘されており、肥満や糖尿病、高脂血症の原因にもなりえます。

時には、高血圧や高血糖が原因で、動脈硬化が起きやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞といった生命に関わる症状も起きてしまいます。

メタボリック症候群が原因で命を落とすということがないように、早い段階でメタボの対策を講じる必要性があるのです。

体を動かさない生活をしている人、高カロリーや外食中心の食生活をおくっている人などは、メタボになりやすいとされています。

メタボが関わる疾患にならないようにするには、健康的な生活を心がけ、適量の食事と適度な運動を日々の生活の中に組み込むようにすることです。

現時点で自分がメタボなのか、あるいはメタボの影響が出ているかを知りたいという人もいます。

メタボの条件は決まっており、血糖値や血圧、血中脂質や、腹囲を計測することで判断ができます。

人によっては、高血糖であること以外はメタボの条件に合致しない人もいます。

条件に合わないからといって安心できるものではなく、メタボ予備軍という考え方もあります。

メタボになっていないからといって気を抜かず、メタボ予備軍の人はメタボ対策を行って予防に力を入れましょう。

山本卓