税金のクレジットカード払いの注意点

最近税金をクレジットカード払いできる自治体が増加しているようです。

納めなければいけない税金なら、納得のいく払い方ができれば最善です。

税金をクレジットカードで支払う時に、気をつけなければいけないことは何でしょう。

ひとつは自分の住んでいる自治体がクレジットカード払いを扱っていない場合があることです。

たとえクレジットカード払いを扱っていても決済時に手数料が必要なことです。

手数料で315円が必要になる場合、クレジットカードの還元率によってはあまり得にならないこともあります。

3万9500円の自動車税を支払う場合、還元率0.5%のクレジットカードは197ポイント、還元率1%のときは395ポイントです。

もしもカードからのポイント還元率が1%より少ない場合、手数料が315円かかればポイントでの相殺は難しいでしょう。

ただし、クレジットカードからの支払いはネットからできる場合もあるので、便利さという点では嬉しい存在ではあります。

クレジットカード払いの場合、大変なのがクレジットカードを紛失してしまった場合のリスクもあります。

すぐにクレジットカードの機能をストップさせなければならず、税金の支払いに関しても手続きを変更しなければなりませんので要注意です。

税金のクレジットカード払いにはメリットとデメリットがありますのでよく検討してから利用するようにしましょう。

脱毛ラボ